オープンソースのMySQL自動バックアップツール「Sypex Dumper」


sypexDumper1
Sypex Dumper」はMySQLデータベースを自動的にバックアップしてくれるオープンソースのウェブアプリケーションです。

IT/WEB業界への転職なら求人サイトGreen

PHPとAjaxで作成されており、Webインターフェースを使ってMySQLのバックアップを作成する事ができます。
自動バックアップにはタスク・スケジューラかcronの設定が必要ですが、それ以外はWEB上から設定可能になっています。

ファイル圧縮(GzipとBzip2)のサポートをしており、多言語インタフェースあり。ただし日本語はないみたいです。

設置してみる

ダウンロードページへアクセスします。

sypexDumper3

ポチッとダウンロードします。

20100215-01

設置は簡単でファイルをサーバーにアップするだけです。

自動バックアップをしてみる

早速自動バックアップを設定してみます。まずは設置したURLにアクセスします。

20100215-02

バックアップしたいユーザーでログインします。今回はローカルでのテストなのでrootユーザーでログインしました。

20100215-03

バックアップしたいデータベースとテーブルを指定を選択します。

20100215-07

自動バックアップのJobに名前をつけてあげます。ここでつけた名前を後で使うので忘れないようにしましょう。
今回は「my_job」という名前にしました。

コマンドラインで実行

あとはconsoleやcronで指定のコマンドを実行するだけです。
コマンドはこんな感じです。

php Sypex Dumperへのパス/index.php -j=ジョブ名

最後のジョブ名は先ほど入力した値(ここではmy_job)を指定します。

実行するとこんな感じで表示されます。

C:\>php c:\xampp\htdocs\SypexDumper\index.php -j=my_job
2010.02.15 21:29:12     1       Start export DB `wordpress`
2010.02.15 21:29:12     1       Export table `wp_cimy_uef_data`
2010.02.15 21:29:12     1       Export table `wp_cimy_uef_fields`
2010.02.15 21:29:12     1       Export table `wp_cimy_uef_wp_fields`
2010.02.15 21:29:12     1       Export table `wp_commentmeta`
2010.02.15 21:29:12     1       Export table `wp_comments`
2010.02.15 21:29:12     1       Export table `wp_links`
…
…

実行後にSypex Dumperの下の「backup」フォルダを見てみます。

20100215-06

圧縮ファイルになったデータが保存されています。これでバックアップは完了です。
結構簡単にできましたね。

20100215-05

もちろん、ブラウザ上からバックアップする事も可能です。

便利ですねー。早速自分のサイトにも設定してみました!
サーバーの定期バックアップをやられている方は、使ってみてもよいかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

follow us in feedly