JavaScriptで多言語メッセージを処理する「l10n.js」


PHPやASP.NETなどのサーバーサイドの場合、多言語対応できるようなライブラリが揃っている事が多いですが、javascriptだとあまり有名なライブラリを見ない気がします。

本日紹介する「l10n.js」というライブラリを使用すると言語に依存するメッセージを多言語対応させる事が可能です。

IT/WEB業界への転職なら求人サイトGreen

以下のようなコードで実装できるようです。

まずはJSと多言語データのJSONを読み込みます。

.

JSONには各言語のデータが設定されています。

{
"en-US": {
"What is your favourite colour?": "What is your favorite color?"
},
"fr": "path/to/french-localization.json"
}

最後にlという関数で多言語文字を取得します。

document.title = l("%title.search")

ajaxで動的にサイトを構築する場合に使えるかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

follow us in feedly