カテゴリ ‘Wordpress’についての一覧


【初心者向け】WordPressテーマの選び方

Sponsored

みなさまはWordPressのテーマをどのような基準で選んでますか?

有料無料さまざまなテーマが出ており、どのテーマを選ぶべきか迷われる方も多いのではないでしょうか。

本日は自分がテーマを選ぶ際に見る6つのチェックポイントをご案内します。WordPressテーマ選びの参考になれば幸いです。

1.日本語デザインに対応したテーマ

私がテーマを選ぶ際に大事にしているポイント1つ目は、
日本語での見た目です。

WordPressのテーマは海外製の物が多く、
日本語を入れた際に非常に見づらかったり、当初のイメージと変わったりします。

日本語で公開されているテーマを選ぶ事で公開後の状態が分かるため、導入前とのギャップが少ないです。

また海外製のテーマは管理画面のオプションが英語表記の場合があります。
マニュアルも英語だと見るのが大変ですよね。

どんなに高機能でも使い方が分からなければ意味がありません。
そういった事もふまえ、日本で作られたテーマであればまず日本語対応しておりますので、安心して導入する事が出来るます。

2.SEOに強いテーマ

ビジネスでWordPressを利用するのであればSEOに強いテーマでなければいけません。
Googleではモバイルフレンドリーサイトを検索上位にあげるようにしており、スマホ対応が重要になっています。実際に当ブログもレスポンシブデザインによるスマホ対応をしてからアクセス数が増えています。

もちろんタブレットやスマホでのデザインも見やすくてタッチしやすい操作性が大事です。

また、アクセスアップのためにはSNSでの記事拡散が必須です。SNS対応がされている事もチェックします。

3.広告対応したテーマ

ブログ運営をしていく場合、マネタイズやアフィリエイトの事も考えます。
広告掲載は広告配信サービス(Google Adsencenend)や成果報酬型広告(AmazonA8.net)を使うケースがあります。
それぞれの広告によってクリック率の違いや配信できる広告に違いがあるため、複数広告を出し分ける事で売上を増やす事が可能です。

よりクリック率を上げるため、複数広告の出し分けが出来るとアフィリエイトの売り上げにも効果があります。

4.安全なテーマ

WordPressのテーマ配信は誰でも出来るためセキュアなテーマでなければいけません。
有料のテーマであれば、サポートも充実しているため安心感が違います。

5.初心者にも扱いやすい

WordPressテーマは管理画面からカスタマイズ出来るようになっている事が多いです。
例えば、サイト全体の色味が調整できたり、ロゴ画像、メニューの設定なとが標準で出来るテーマが多いです。

こういったカスタマイズが豊富で、かつ、ソースコードをいじらなくても直感的に操作出来るようになっている事が大事だと思います。

自分はテーマを自作する事もありますが、管理画面から思い通りの見せ方にすぐ変更出来るのは非常に便利です。

6.最後は見た目

1~5までの項目をチェックした後で、最後に見た目で選定します。
サイトを見た時にワクワクする気持ちが一番重要で、気に入ったデザインを選ぶ事です。
ポイントとしては、ロールオーバーのアクションなど細かい動きも確認して、一番気に入ったものを選んでください

おすすめサイト

以上を踏まえた上でオススメのテーマがTCDです。

このサイトでは美しいテーマが非常に沢山あり、すべてにおいて洗練されたテーマ販売サイトになっています。

WordPressテーマは無料で公開されている物が圧倒的に多いですが、無料版のテーマだと他サイトのデザインと被る可能性があります。ビジネスやアフィリエイトでWordPressを始めるのであれば絶対に有料でテーマを購入する事をオススメします。

その中でも特にオススメのテーマをいくつかご紹介

VIEW

20160401-01

カード型のデザインテーマ。
マウスオーバーの処理が非常にクールで、無料テーマとは比較にならないデザイン。
レスポンシブデザインなのでモバイルからの閲覧でも美しさが損なわれることがありません。

20160401-03

PC/スマホ用にウイジェットの出し分けが可能に。

20160401-05

フォントサイズや項目の表示など、細かな設定が可能。

20160401-04

広告のランダム表示にも対応しています。

SWEETY

20160401-06

店舗・企業サイト向けデザイン。
商品画像の魅力を最大限伝えられるようデザインされています。
汎用性の高いシンプルなレイアウトのため、様々なサイトで利用可能。

AMORE

20160401-07

多種多様な使い方ができるパララックスデザインのテンプレート。
ブログ記事ページへの広告挿入やスマホ用広告設定機能など細部まで配慮されています。
見る人を飽きさせないデザインになっています。

FOCUS

20160401-08

無限スクロールを実装したグリッドレイアウト。
サイトを表示した瞬間にカードが現れる動作は一見の価値あり。

LAW

20160401-09

士業向けテーマ。
信頼感のあるカチッとしたデザインになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
自分に合ったテーマを選択して、ビジネスを発展させるためのサイトを作ってください!

以上、初心者向けWordPressテーマの選び方でした。

続きを読む

[wordpress]XML_RPCで記事を新規投稿する際にID指定する方法

IMG_9105

記事と何の関係も無い写真にしてみました!

今日はWordPressでXML_RPCにて記事投稿する際、ID指定する方法を調べたので自分用にメモ。

続きを読む

WordPressでログを出力する簡単な方法

11913623593_b510a60a3c_b
WordPressで開発をしている際に、ログに書き出す方法を調べたので自分用にメモ。

続きを読む

WordPressでSEOに強いパーマリンク設定をしよう

WordPressでブログを書いている方向けの情報です。

「パーマリンク」の設定はもうしていますか?
パーマリンクはサイトのアクセスを集めるために必須の設定ですので、まだ設定されていない方は早めに設定する事をオススメします!

続きを読む

パーマリンク設定で子カテゴリを非表示にする方法:WordPress

20150921 01

WordPressのパーマリンク設定で

/%category%/%postname%/

と、カテゴリ名をURLに指定している際に
子カテゴリ、孫カテゴリ名をURLに入れたくないと相談されたのでやり方をシェア。

通常であれば、

ドメイン.com/親カテゴリ/子カテゴリ/投稿名

と言うような表記になります。

これを

ドメイン.com/親カテゴリ/投稿名

にする方法です

やり方は、以下

続きを読む

スマートフォンサイトのヒートマップ型アクセス解析が見れるWordPressプラグイン「Ptengine」

期間限定 ヒートマッププラン Ptengine

スマートフォンサイトのヒートマップ型アクセス解析が見れる「Ptengine」がWordPressプラグインとしてリリースされたと教えてもらいましたのでブログでシェアします。

続きを読む

[WordPress]企業サイトに使える確認画面付きのフォームプラグイン「MW WP Form」

20140424 01

WordPressでお問い合わせフォームを作る際に企業サイトでは確認画面が必須ですよね。
今まではTrust Formと言うプラグインを使っていたのですが、デザインの自由度が低いのが難点でした。

しかし、その問題を解決してくれる素敵なプラグインを見つけましたのでご紹介します。

続きを読む

wordpressのcontact form 7で確認画面を表示するプラグイン

20140421 03

WordPressでお問い合わせフォームを作る際に便利に使わせていただいてるContact Form 7ですが、一つだけネックなのが確認画面が無い事です。

企業サイトやコーポレートサイトを作る際にはクライアントからの要望でどうしても確認画面が必要な場合があります。本日はContact Form 7に確認画面を出すライブラリ「contact-form7-confirm」を見つけたのでブログでご紹介します。

続きを読む

wordpressで投稿記事に自動で付くpタグを削除する方法

本日WordPressのカスタマイズをしていた際に、Pタグで囲って欲しくない部分も自動でタグがついていたので削除する方法を自分用にメモ。

続きを読む

WordPressのファイル管理やFTPをブラウザから行える「WP-FileManager」

20140415-01

WordPressの管理画面から簡単にファイルの変更、削除、アップロードすることができるプラグインをご紹介。

FTPソフトのインストールが出来ない方向けのプラグインです。

続きを読む
1 / 812345...Last »