ASP.NETでORACLEに接続する際に、「TNS: 指定された接続識別子を解決できませんでした」エラーが出た際の対処方法


20120425 01
ASP.NETとORACLEを久しぶりに触ったので自分用にメモ。

ASP.NETでORACLEに接続する際に、「TNS: 指定された接続識別子を解決できませんでした」というエラーが出た場合の対処方法です。

IT/WEB業界への転職なら求人サイトGreen


まず、原因の探し方としては

1.TNSPING が通るか調べる

コマンドプロンプトからtnspingを実行して、pingが通るか確認をします。

C:\>tnsping [サービス名]
TNS Ping Utility for 32-bit Windows: Version 9.2.0.1.0 - Production on 25-APR-20
12 23:38:42
Copyright (c) 1997 Oracle Corporation.  All rights reserved.
パラメータ・ファイルを使用しました:
C:\oracle\ora92\network\admin\sqlnet.ora
エイリアスを解決するためにTNSNAMESアダプタを使用しました。
Attempting to contact (DESCRIPTION = (ADDRESS_LIST = (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)
(HOST = [IPアドレス])(PORT = [接続ポート]))) (CONNECT_DATA = (SERVICE_NAME = [サービス名])))
OK (230ミリ秒)

の表示が出れば、サービス名で接続可能な状態になっています。

また、SQL*PLUSで接続可能かもチェックします。

2.環境変数 TNS_ADMINを指定する

今回はこの方法で上手く行きました。
環境変数 TNS_ADMINにtnsnames.oraの場所を指定します。

C:\oracle\ora92\network\admin\

tnsnames.oraの場所が見つからないためのエラーだったようです。

以上、TNSエラーが出た際の対処方法でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

follow us in feedly